>  > 熟女デリヘル嬢の垂れたおっぱい好きで何が悪い

熟女デリヘル嬢の垂れたおっぱい好きで何が悪い

形の整ったおわん型のおっぱいが良いとか、いや釣鐘型こそ至高であるとかやたらと綺麗な形に拘る男が多いんですけど、奴らは本当のリアルなおっぱいと言うものをこれっぽっちも理解していませんね。エロアニメとかエロ漫画の影響かしらないですけど、おっぱいってのはちょっと崩れかかったような疲れの残る形こそ究極なんですよ。やれ垂れパイだとかレーズン乳首だとか非難轟々になることが多いですが、それに魅力を感じないなんてお子ちゃまですよ。だからこそ風俗の究極形態は熟女デリヘルであるという持論を唱えているんですが、世間一般の方々には首を傾げられるばかりなんです。この間プレイさせて頂いた熟女デリヘル嬢はプロフィール上35歳とのことでしたが、実際には多分四十路を超えていることは間違いありませんでした。でもそれは私には好都合なことで、あのちょっと形が崩れたおっぱいを堪能出来るんですからサバ読み上等ですよ。垂れ下がって弾力の少ないおっぱいを揉み、チョイ黒めの長乳首を吸う、こんな最高なプレイを理解できないなんてどうかしてるぜ。

[ 2015-04-22 ]

カテゴリ: デリヘル体験談